そういえば知らない!パン粉の歴史
  1. そういえば知らない!パン粉の歴史

世界のパン図鑑

そういえば知らない!パン粉の歴史2020.02.07

海外の料理番組を、見た事はありますか?
けっこう日本製の「パン粉」が使われているんですよね。

日本のパン粉って、実は海外で人気なんです。
さて、パン粉はいつ生まれて
いつ日本で、こんなにメジャーな食材になったのでしょうか?

今回は、意外と知らない!パン粉の歴史を追いかけて見ました。

パン粉の起源はクラッカー

パン粉の起源は、ドイツだという説が最も有力なようです。

その発祥は「ウインナーシュニッツェル」という、ドイツ料理だと、語り継がれていました。これは、子牛のもも肉を叩いて薄〜く伸ばし、衣をつけてカラッと揚げるというレシピ。

日本風に言えば「子牛のカツレツ」ですね。

揚げる時に「パン粉」を使うので、これが発祥となったのでしょう。
ドイツのシュニッツェルは、とってもビックサイズ。一口かじればジュワ〜っと肉汁が広がって、あふれる旨味を口いっぱいに堪能することができますよ♪

15〜6世紀に、北イタリアからオーストリアに伝わって、いつしかヨーロッパ全土へと広まりました。

海外のパン粉は、かな〜り細かい

海外のパン粉を使ったこと、ありますか?

日本のパン粉より、ずっと粒子が細かくて、砂のようにサラサラなんですよ。実は、食パンを大きめに粉砕した感じの見慣れたパン粉は、日本で発明されたもの。

海外で出会うパン粉とは、全くの別物なのです。
その名を「ブレッドクラム」と言いました。

パンは、ポルトガルから伝来されたのに
日本のパン粉は、日本で開発されたんですね。
ちょっと不思議なエピソードでした。

海外のパン粉はビスケット

実は、海外のパン粉はビスケットや乾パンを粉末にて、作られていました。だから、触り心地がサラッサラ。

パンから作る日本のパン粉とは、ビジュアルから違っていたんですね。

海外で日本のパン粉を買うと、タイトルに「PANKO」とあります。海外のパン粉とは、名前からして区別されてるんですね。

日本ではじめての、パン粉

引用元:出典 ライオンフーヅ株式会社

日本ではじめて、パン粉が商品化されたのは、今から100年前のこと。

1916年(大正5年)に、ライオンフーヅ株式会社の前身である「宮崎岩松商店」から、和の食材のひとつとして、商品化したのでした。

1937年(昭和12年)、日本ではじめて
ソフトパン粉の製造を、はじめたのです。

日本のパン粉は歴史が浅く、日本の風土に合うように「日本の味として」開発されました。まだまだ、これから進化をみせているパン粉の歴史。

おいしいパン粉から生まれる、おいしい料理
これからも、愉しみたいと思います。

カメリア亜紋度ラスク bnr

arrow

愛知県名古屋で約50年の
業務用パン・卸売の老舗パン屋 株式会社カメリヤ