ピサラディエール〜フランス発祥のパン〜
  1. ピサラディエール〜フランス発祥のパン〜

世界のパン図鑑

ピサラディエール〜フランス発祥のパン〜2019.09.06

ピサラディエールとは、南仏に伝わるピザに似たパン。

太陽の恵みと豊かな自然、中世ヨーロッパの情緒を残す
〜南仏プロヴァンス地方〜
ゴッホやセザンヌ、ピカソ、シャガール、ルノワールといった、名画の巨匠を誕生させた街でもあります。

ピサラディエールは、この街で産声をあげました。中世の時代にタイムリープしたかのような、美しいビジュアルの中で「ピサラディエール」を食べてみませんか?

今回はローマの料理人が伝えたとされる、白いピザ「ピサラディエール」の特集です。

大地と海とピサラディエール

夢のように澄んだ海
「365日のうち300日は晴れている」と言われるほど
雨の降らない光の大地
太陽の恵みをいっぱいに受けた、プロヴァンス地方は

海の青、白い入江、きらめく宝石箱のような景観がうつくしい場所。
この地方に伝わる「ピサラディエール」は、ピザのような郷土料理です。

ブルターニュ地方には、ガレット
アルザス地方には、タルトフランベ

南仏には、ピサラディールがあります。

ピザのようで、ピザじゃない

ピサラディールは、一見ピザのようですが
生地に、チーズが乗っていません。

また、ピザソースもトッピングされていないのが特徴です
おいしさの決め手は、飴色になるまで炒めた玉ねぎ。

じっくり炒めてあるので甘みがあり、アンチョビの塩気もあって、おいしいんですよ♬ 炒めた玉ねぎを煮詰め、また炒めて煮詰め、のくりかえし。玉ねぎのコンフィチュールといって、ジャムのようになるまで煮詰めます。

これにトマトや赤ワインビネガー、香草を加えて出来あがり!
ピザソースの代わりに表面に塗って、アンチョビフィレ、オリーブオイルをトッピング。そして焼きます。

これがピサラディエールの、クラシックスタイルです。

伝承された白いピザ

ピサラディエールの語源は
ピサラ=薬味

いわしの塩漬け、という意味もありました。
フランスには「アヴィニョン捕囚」という時代がありました。「アヴィニョン捕囚時代」とは、キリスト教のカトリック・ローマ教皇の座が、イタリアのローマからアヴィニョンに移されていた時期(1309年 - 1377年)を指します。

その時にローマの料理人がこのレシピを伝えたのだという伝承がありました。これは、トマトを使わない白いピザとして考案されました。しかし、リアルでみると「え、茶色いピザだよね。白さは全然ないけど」と思ってしまいました。

ひょっとしたらその昔、白い時代があったのかもしれないですね♬

カメリア亜紋度ラスク bnr

arrow

愛知県で30年以上に渡り
高級パンを作り続けているパン屋カメリヤ