パンの知識・教養

世界一のパン大国!トルコ2019.06.27

世界でいちばんパンを食べる国、トルコ
トルコは、2000年にギネス記録を樹立するほど、国民的にパンがだいすきな国なのです。

そして世界三大料理といえば、中華料理、フランス料理、トルコ料理と称されるほど、トルコのゴハンのおいしさは世界に認められていました。そんな美食家の集うトルコの街には、焼きたての香りを漂わせた、魅力的なパン屋さんがいっぱい。今回は、世界一のパン大国トルコの特集です!

大きな窯で焼く、トルコのパン

悠久の時を刻む、トルコの景色。

エキゾチックで異国情緒漂うこの国は、小麦粉の名産地であるだけに、主食はパン。
トルコ旅行に行かれた方はご存知だとは思うのですが、ここはとても「パンがおいしい国」なんですよ。

ここでは、朝も昼も夜も、パン。
食事にパン、おやつにパン
政府でパンの質を守る法律を作ってしまうほどに、パンを愛していました。

ファミレスですらパン職人さんが働いているといいます。なんだか、すごいですね!

パンが無料の食べ放題があるほど、トルコ料理といっしょにさりげなく、パンの存在がありました。

現地のパン屋さんはとっても早起き!
なんと朝4時に開店します。トルコの人たちはリアルにパンが大好きで、1人あたりの年間消費量はなんと168kg! とにかく毎日パンを食べているので、消費量はハンパないのです。

トルコのピザ!ピデ

トルコには凄まじい種類のパンが存在していました。どれも独自の進化を遂げていておいしいので、ぜひ! ご紹介したいと思います。

まずはトルコのピザ~ピデ~、ピザの発祥はイタリアですが、トルコ料理がルーツとなっている説もありました。驚きですね。

そのビジュアルも個性的
船の形をしていました。

トルコではパンを石窯で焼くのが主流なので、焼きたてのおいしさは格別! 生地よりも具に特徴があって、牛肉や玉子、野菜、チーズがトッピングされているのですが、どれも日本のピザよりスパイシー。

辛ウマなのに上品なあじわいでした♪

500年の歴史を孕むパン、シミット!

トルコを代表するグルメパン、シミット。

その歴史は古く、イスタンブールの古文書には1525年頃には既に作られていたという記録がありました。オスマントルコ帝国の宮廷にある「台所の仕入帳」に、その名が描かれいたそうですよ。15世紀から存在していたとは、驚きですね!

シミットはドーナツのような円形のデザインに特徴があり、ゴマが表面にあしらってあり、表面は固めでパリパリしています。

歯ごたえしっかり、でも味は塩と砂糖でほんわりしています。ゴマの香ばしさ薫るあじわいが、とても素敵なんですよ。

「トルコの街を歩けばシミットの屋台にあたる」と言われるほど、シミットは有名なパン。500年前からトルコの人々とともに歩んできた、愛着のあるパンなのです。

カメリア亜紋度ラスク bnr

arrow