ロティチャナイ〜マレーシア発祥のパン〜
  1. ロティチャナイ〜マレーシア発祥のパン〜

世界のパン図鑑

ロティチャナイ〜マレーシア発祥のパン〜2019.04.25

マレーシアの朝食、ロティチャナイを知っていますか?

とても人気の料理で、マレーシアのお店で頼むと、職人さんがお客さんの前で生地をクルクル回して作ってくれます。神業パフォーマンスを含め、とってもおいしいゴハン! ロティチャナイ。今回はその秘密に迫ります!

マレーシアのソウルフード!

美食の国、マレーシア
ロティチャナイは、マレーシアのソウルフードです。
薄いナンのように素朴で、パイのように層があるパンは、おいしいのにコスパ最強! とっても格安なB級グルメとして、有名な逸品なのです。屋台や、インド料理屋さんで味わうことができました。

シンプルな塩味が素直においしいので、日本人の口にも合うと思いますよ。
ちなみに名前の由来ですが

ロティ=パン
チャナイ=細かくすりつぶす


といった意味があるそうです。

カレーと味わうパリパリのパン

インドの小麦粉を使った、マレーシアの郷土料理。
練って一晩寝かせた小麦粉を、植物マーガリンで伸ばして折りたたみ、また伸ばして折りたたみます。この作業を4〜5回くりかえした後、鉄板で焼くのです。

できあがったロティチャナイは、何層にも重なったパイ生地のようなデザイン。シンプルな塩味で、カレーとの相性最高!
具材をたくさん入れて焼くバージョンもあるのですが、そっちの方はどう見ても「お好み焼き」。これもカレーに浸して食べるのですが、パリパリしてとってもおいしいですよ。

ロティチャナイチーズ、なんてのもあるのですが、チーズナンの薄いバージョンといった感じでしょうか。これも絶妙にうまい! 名古屋でも食べられるお店はあるみたいなのですが、本場で一度味わってみたいですね〜。

宙を舞うロティチャナイは職人芸!

ロティチャナイは、マレーシアにあるお店で食べられます。その作り方も、パフォーマンスが入っていて見応えがありますよ。

生地をクルクル回したり、宙を舞ったり。作る姿も含めて、職人芸!
見て楽しく、食べておいしい。そしてコスパ最強とくれば、とてもそそられますよね。日本円にして、わずか30円〜50円ほどで楽しめます。

マレーシアの朝ごはんは、150円もあればたっぷりの贅沢朝ごはんが食べられるので、その物価の安さも含めて、魅力的な国なのでした。

カメリア亜紋度ラスク bnr

arrow

愛知県で30年以上に渡り
高級パンを作り続けているパン屋カメリヤ