ドーナツ特集vol.2〜なぜ真ん中に穴が空いてるの?〜
  1. ドーナツ特集vol.2〜なぜ真ん中に穴が空いてるの?〜

世界のパン図鑑

ドーナツ特集vol.2〜なぜ真ん中に穴が空いてるの?〜 2016.10.04

多くの人に愛されているドーナツ。おやつにも、食事にも、差し入れにも様々なシーンで登場する国民的菓子パンです。
ドーナツの特徴といえば、多くの人が「穴の空いた形状」を思い浮かべるのではないでしょうか。


では、そもそもなぜドーナツはなぜ真ん中に穴が空いてるのでしょうか?

掴みやすいから?

可愛らしく見せるため?

それとも何か他の理由があるのでしょうか?

ドーナツに穴が空いている理由

引用元:cabinet

ドーナツに穴が空いている理由は、色々な説がありますが最も有力なお話は、19世紀アメリカまで遡ります。
19世紀半ばアメリカのハンソン・グレゴリーが母親の作ったドーナツが生焼けだったため、火通りを良くする目的で穴をあけることを考えたとされる。このハンソン・グレゴリーとは、リングドーナツの発明者として、記念碑がメイン州ロックポートに建っている人物です。つまりドーナツの父ということですね。

ハンソン・グレゴリーは船乗りでもあったため、舵輪に刺していつでも食べれるようにドーナツに穴を開けていたとも言われています。

アメリカから上陸したドーナツ

引用元:wikipedia

1971年にアメリカからダンキンドーナツとミスタードーナツが相次いで上陸しました。
当時から現在まで40年以上に渡り、穴の空いた形状を保っています。
とはいえ、ドーナツが全て穴が空いているとは限りません。穴の空いたドーナツはリングドーナツ、穴が開いてない棒状に伸ばした生地をねじったドーナツをツイストドーナツ、揚げてから中にジャムやクリームを注入するジェリードーナツなどの種類はあります。

つまりドーナツ=穴の空いた菓子パンという意味合いではなく、Dough=ドウ(小麦粉に水・砂糖・バター・卵などを混ぜた生地)とNut=ナッツ(木の実)を組み合わせた言葉なのです。

長い間ミスドの独占状態だった日本も最近では様々な店舗が出店しています。
ドーナツのことを少し知ったところで、今日は美味しいドーナツで一息入れませんか?

お読みいただきありがとうございました。

bnr

arrow