沖縄ソウルフード!なかよしパン
  1. 沖縄ソウルフード!なかよしパン

Let’s パン Life!

沖縄ソウルフード!なかよしパン2019.07.01

サーターアンダギーと並ぶ、沖縄のソウルフード「なかよしパン」!

これを食べたことのない沖縄県民は存在しないのでは? と言われるほど、現地ではメジャーなパン。名古屋でいう、コメダや寿がきやのようなローカルグルメなのでした。今回は、枕のようにデカイパン「なかよしパン」の特集です♪

カエルの名は

引用元:出典 株式会社ぐしけん

レトロかわいいカエルが目印の「なかよしパン」
このパンは本当に巨大で、横の長さは驚愕の35センチあります。迫力のスーパーロングサイズですね。

沖縄のぐしけんパンで誕生して、1960年頃に発売。60年も続くロングセラーパンなのだとか。品質を保つため、県外では販売されておりません。通販もないので、沖縄でしか手に入らない「本当のご当地パン」なのでした。

家族で食べたい! なかよしパン

なかよしパンは、全長35センチ。
一人暮らしの人が「ちょっと食べてみようかな〜」と気軽に手に取るサイズでは、絶対にありません。

沖縄では三世代で暮らす大家族がとても多く、そのため「皆でちぎってなかよく食べてほしい」という想いから、このパンが誕生したのでした。

家族を大切にしたい、という県民性あふれた素敵なパンですね♪

設定が深イイ!カエルのしゅういちくん

なかよしピーナツというパンには、同じポーズでありながらメスカエルの姿がデザインされていました。

誰でしょう、この謎の女は……
彼女はなんと、なかよしパンのキャラクター「しゅういち君」の妻、「しげちゃん」。まさかのしゅういち君は、既婚者だったのです!

もう察しのいい方は気づいてらっしゃると思いますが、胸に座っている子カエルは息子の「けんちゃん」。しゅういち君は、子持ちの妻帯者だったんですね! これには驚きました。
背景にあるファミリーのストーリーがとても気になるところです。

戦後の沖縄を元気にしたパン!

イメージキャラクターのしょういち君には「無事にかえる」という意味が込められていました。

なかよしパンを生んだ株式会社ぐしけんは、戦後ニューギニア出征から帰国した具志堅秀一さんが、昭和26年(1951)に創業した会社。

戦後、栄養価の高い食べ物がなかった時代に「みんなが元気になってほしい」という願いから、パンの会社が誕生したのです。

切り込みが入っているので、みんなでシェアしやすいご当地グルメ「なかよしパン」。いつか沖縄旅行にいくことがあったら、沖縄でしか出逢えないこのパンのことを思い出してくださいね〜♪

カメリア亜紋度ラスク bnr

arrow

愛知県で30年以上に渡り
高級パンを作り続けているパン屋カメリヤ