日本初のブルーベリーパイは、帝国ホテルから
  1. 日本初のブルーベリーパイは、帝国ホテルから

Let’s パン Life!

日本初のブルーベリーパイは、帝国ホテルから2019.12.12

帝国ホテルには、「日本初」として記録に
残っているモノが、たくさんありました。

例えばホテルウエディング、バイキング、ホテル内のショップ展開、アーケード。

そして、ブルーベリーパイです。
今回は、日本で初めてブルーベリーパイが商品化されたという、帝国ホテルのお話です♪

はじまりは1971年の帝国ホテルから

引用元:出典 Hanako

帝国ホテルのショップ、〈ガルガンチュワ〉では、開店から47年にわたって日々、焼き上げられてきた

「日本初のブルーベリーパイ」が、販売されています。

1971年からずっと、世代を超えて愛されている、このブルーベリーパイ。はじまりは、本場アメリカのブルーベリーパイを再現しよう、という試みから生まれました。

パイに使っているブルーベリーは、アメリカ産のワイルドブルーベリーだとか。

ワイルドブルーベリーって、どんな味で、どんな特徴があるんでしょうか?
調べてみました♪

知りたい!ワイルドブルーベリーの味

厳しい冬。マイナス35℃にもなるという、過酷な低温でも生き抜くという、ワイルドベリー。

食べられる植物は、トマトでもそうなのですが、過酷な環境で生き抜いた種ほど、あま〜く、優しい味に育つといいますね。

収穫直前に、太陽の恵みをたっぷりと浴びて、ひときわ濃厚でスイートな味になるという、ブルーベリー。

深みのある甘いあじわいと、ミネラルをいっぱいに含んだ実は、ロングランヒットに至る、おいしい理由の一つとなりました♪

バター薫る!こだわりのパイ生地

日本初のブルーベリーパイのパイ生地にも、おいしさの秘密が隠されていました。

パイ生地には、シナモンやレモン味、隠し味のバターを加えてフィリングを詰めてあるのです。
ですから、高温で焼きあげたあとも、バターの芳醇な薫りがもう、おいしい〜。

軽やかなサクサク感と、しっとり感。そしてバターの薫りに包まれた、甘酸っぱいジューシィーなブルーベリー。甘さ控えめなので、アイスクリームを添えて召し上がっても、最高においしいですよ!

あたたかい紅茶と一緒に、ゆっくりと味わいたくなる逸品なのです♪

隠し味にアプリコットジャム

開発から47年。
その絶妙なレシピは変わっていない、という帝国ホテルのブルーベリーパイ。

ただし、昔よりもブルーベリー自体の品質が向上したのか、ブルーベリーの光沢や輝きが増した。と感じられるお客様が多いようです。

パイのキラキラした黄金感や、輝きからして、別格のおいしさを感じる人も多いのでしょう。パリパリしたパイの中から現れたブルーベリーは、蕩けるほど滑らかなおいしさ。

帝国ホテルにいく時がありましたら、ぜひこの夢のようなあじわいのブルーベリーパイを、一度召し上がってみてくださいね♪


ホテルショップ〈ガルガンチュワ〉
■東京都千代田区内幸町1-1-1
帝国ホテル 東京 本館1F
■8:00~20:00/無休

カメリア亜紋度ラスク bnr

arrow

愛知県名古屋で約50年の
業務用パン・卸売の老舗パン屋 株式会社カメリヤ