bnr_online bnr_online
アメリカ発祥のパン〜サンフランシスコサワーブレッド〜
  1. アメリカ発祥のパン〜サンフランシスコサワーブレッド〜

世界のパン図鑑

アメリカ発祥のパン〜サンフランシスコサワーブレッド〜2018.03.18

「サンフランシスコサワーブレッド」は、名前の通り、
アメリカ、サンフランシスコが発祥で
すこし酸味のある、おいしいパンです。
その起源には、アメリカの大きな歴史をはらんでいました。今回は、サンフランシスコサワーブレッドの特集です!

その起源!ゴールドラッシュの歴史にあり

時は、1849年。
カリフォルニア州に、ゴールドラッシュが起こりました。
ゴールドラッシュとは、金が発見された場所を目指し、世界中から金脈に一攫千金を狙った採掘者が殺到した、世界的事件のこと。その数、30万人と伝えられています。

このゴールドラッシュ時代に、各国からあつまった金鉱掘りの人達が、現地でつくっておいしいと評判になり、流行したのがこのパン「サンフランシスコサワーブレッド」でした。

それは古代から伝わるパンのつくり方

今のパンはイースト菌を使ってつくります。
ところが、古代エジプトから伝えられる、水と粉さえあればパンが作れるという、古いレシピがありました。
それがサワードウ・スターターを使った、パンの作り方です。サワードウ・スターターは、100年以上生きるという菌です。
菌の種類は、それぞれの国や地域で特徴がちがいます。「サンフランシスコサワー種」という菌でつくったパンが、「サンフランシスコサワーブレッド」となりました。
現在もサンフランシスコには何軒か、サンフランシスコサワーブレッドの専門店があるそうです。
その起源を辿ると、やはりゴールドラッシュに行き着くのだとか。パンの背景にゴールドラッシュの歴史があるなんて、とても浪漫がありますね。

酸味の秘密!小麦粉サワー

サンフランシスコサワーブレッドは、クープ(切れ目)が入っており、一見するとフランスパンに似た形をしています。
食べると軽い酸味があるのですが、これはサンフランシスコサワー種による発酵により生まれる味です。
ですから、フランスパンかと思って食べると、かなり驚きがあると思います。
しかし香りもよく、固くしっかりした皮は歯ごたえがあり、食欲をそそる酸味があるので、クセになるおいしさがありますよ。お食事用のパンなので、魚料理、肉料理などと、合わせて食べてみてくださいね。

bnr

arrow

オンライン
ストア