bnr_online bnr_online
南アフリカのB級グルメパン〜バニーチャオ〜
  1. 南アフリカのB級グルメパン〜バニーチャオ〜

世界のパン図鑑

南アフリカのB級グルメパン〜バニーチャオ〜2017.10.25

南アフリカにも、ファーストフードがあります。
今回ご紹介する「バニーチャオ」は、南アフリカでは有名なファーストフードの一つです。タイムリーなことに、愛知県のリトルワールドのイベント「世界のパン祭り」にて、2017年12月3日まで食べることができますよ。
それでは南アフリカのB級グルメ、バニーチャオをご紹介しましょう!

パンを一斤使った郷土料理

引用元:出典 photrip

南アフリカ(特にダーバン地方)の郷土料理としても愛されている、バニー・チャオ。フカフカの食パン一斤を使います。パンの中央をくりぬき、カレーをたっぷりと注いだ風貌は、とてもインパクトがありますね!
気になる食べ方ですが、そのまま食べたり、カレーにパンを浸して食べたり。リトルワールドではワニの肉を使っていて、とてもおいしいとの評判でした。

つけあわせは野菜の漬物や、おひたし。酢の味かおる細切りニンジンをバニーチャオに入れて食べても、ハマります。
ビールやコーラとも相性がいいので、いっしょに食べてみたいですね。

インドと南アフリカの食文化が融合

「バニーチャオ」その歴史がはじまったのは、1840年代といわれています。なぜこんな不思議な食べ物が定着したのでしょうか?

時はアパルトヘイトで奴隷制度がしかれた時代、150万人のインド人が祖国を離れ、世界各地に散らばりました。南アフリカもイギリスの植民地となり、インド人やマレーシア人などが奴隷として連れてこられたのです。
バニーチャオは南アフリカに移住した、インド人長期契約労働者の中で誕生した料理です。南アフリカのパンを使ってインドのカレーを注いだパン、それがおいしい! と評判になったのです。
香辛料を使ったインドのカレーが、南アフリカの人たちの味覚に合っていたのでしょう。アパルトヘイトが廃止された後も、インドと南アフリカの文化が融合した料理として、現代まで残ることとなりました。

バニーチャオは、素手で食べるスタイル

発祥がインド料理なので、やはり素手で食べるのが正しい作法です。インドスタイルに習うなら、右手でつかんで食べてみましょう。
また、現地ではお店によって味が違うだけでなく、パンの中に注ぐカレーの種類も豊富にあるのが、おもしろいと聞きます。南アフリカに旅をする機会がありましたら、ぜひ食べてみてくださいね! 

bnr

arrow

オンライン
ストア