フルーツデニッシュを作ってみよう!
  1. フルーツデニッシュを作ってみよう!

Let’s パン Life!

フルーツデニッシュを作ってみよう!2017.05.21

サクサクとしたデニッシュ生地とジューシーなフルーツのかけ合わせ、思い浮かべるだけですぐにでも食べたくなります。今回はフルーツデニッシュを自宅でも味わえるようにレシピをご紹介したいと思います。

一番のポイントは、デニッシュ自体をおいしく焼くことです。そこで、デニッシュの作り方のポイントをご紹介します。デニッシュのおいしさは、何層にも重なった生地のサクサク感です。たっぷりのバターを折り込むと、バターが生地に吸収されて薄いきれいな生地の層ができます。これがデニッシュのあのおいしいサクサク感になります。フルーツデニッシュだけでなく、チョコデニッシュも照り焼きチキンなどのお惣菜デニッシュも同じ生地で作れますよ。

デニッシュの材料

では、まずは材料です。粉は強力粉100%でも作れますが、下に記載した通り、強力粉と薄力粉を混ぜたり、フランスパン用の粉を使うと、折り込みがしやすく、サクサクしたパンになります。

強力粉・・・280g
薄力粉・・・120g
砂糖・・・大さじ4
塩・・・小さじ1
ドライイースト・・・6g
水・・・200cc
卵・・・20g
バター・・・20g

折り込み用バター・・・120g

デニッシュ生地作り方

次にデニッシュ生地作り方をご紹介します。

① ボールに強力粉・砂糖・塩を入れて混ぜる

② ①にイースト、水、溶き卵を入れて軽く混ぜ、柔らかくしたバターを入れる

③ 生地がひとまとめになるまで混ぜたら、強力粉をふった台の上で生地が均一に耳たぶの柔かさになるまでこねる(こねが足りないと膨らまない)

④ 生地をのばして指が透けて見えるようになったら、生地を丸めてサラダ油を塗ったボールにいれ、ラップをして一次発酵をする。

⑤ 生地が2倍ほどにふくらんで、指をさして穴が戻らなければ発酵完了。

⑥ 折り込み用バターを2枚のラップで挟んで食パンくらいの大きさに広げて冷蔵庫で冷やしておく。

⑦ パン生地のガス抜きをして、食パンよりひとまわり大きい四角にのばし、中央に折り込み用のバターを乗せる。

⑧ 生地でバターを包むようにして4つ角を中央にたたみ、合わせ目をしっかりつまむ。 

⑨ 打ち粉をして綿棒でゆっくりのばし、三つ折りにしてラップに包み、冷蔵庫で30分ほど休ませる。

⑩ ⑧の作業を3回繰り返す。

これで生地の出来上がりです。

この生地を四角や丸などの形にして、クリームやフルーツをのせられるスペースを作ります。そしてお好みでカスタードクリームなどを乗せ、その上にお好きなフルーツの缶詰やコンポートをのせて、2次発酵させます。2次発酵は25度~27度の間で90分くらい発酵させます。2次発酵は他のパンに比べると少し足りない方がパリッと仕上がります。そして、表面に溶き卵を薄く塗って、210度で予熱したオーブンで13分焼きます。その際は焼き色を見て温度調節してください。焼きあがったら、網の上などに置いて粗熱を取ってください。
参照サイト

デニッシュのポイントは「折り込み」と「温度」です。バターが溶けないように手早く織り込むことが大切です。デニッシュは時間が経つにつれて、少しずつ空気中の水分を吸収してサクサク感がなくなっていきます。フルーツデニッシュのサクサク感がなくなった場合は、デニッシュの上にアルミホイルをかぶせて、オーブントースターで焼くと水分が飛んでサクサク感が戻りますよ。

デニッシュはパン職人さんの努力の賜物なんですね。自宅でも何度も作っているうちに、デニッシュの上手な焼き方をマスターできそうですね。

bnr

arrow