子どもが喜ぶパンとは?

Let’s パン Life!

子どもが喜ぶパンとは?2017.11.30

大人はもちろん、子どもも大好きなパン。なにを食べるのか、どのように食べるのか、迷ってしまいますよね。子どもが喜ぶといえば動物やキャラクターを模した「キャラパン」ですが、今回は子どもが喜ぶパンを、調理法別にご紹介していきましょう。

焼く

焼くといえば、真っ先に食パンが思いつくことでしょう。バターを塗って焼くだけではなく、蜂蜜やジャムなどを塗ると、甘みがプラスされて食欲が増すこと間違いなし。子どもの食も進むことでしょう。また、チーズやトマトソースを乗せてピザトーストにするのも大人気です。そしてロールパンを焼く時に、一工夫すれば子どもが大喜びします。例えば焼きそばを挟んだ焼きそばパン、ジャムとバターをたっぷり挟んだ甘いロールパンなど、ほんの一手間加えるだけで、子どもにとっては特別なパンになりますよ。

蒸す

パン屋でも人気の蒸しパン。プレーンな蒸しパンを買ってきて、生クリームやジャムなどをトッピングすれば特別な蒸しパンのできあがりです。また、蒸しパンはご自宅でも簡単に作ることができます。小麦粉アレルギーの子どもがいるご家庭では、米粉を使った蒸しパンも大人気です。子どもと一緒に一から作れば、情操教育の一環にもなり、「自分が作ったパンだ!」ということで、食の手が止まらないことでしょう。

ゆでる

パンでゆでる?と疑問に思う方も少なくないことでしょう。ゆでるパンといえば今や大人気のベーグルです。もっちりとした食感が子どもにも大人気です。ベーグルに、野菜やベーコン、チーズなどの、子どもが好きな具材をトッピングすれば、自分で作ったオリジナルベーグルの完成です。ベーグルは専門店があったり、パン屋でも人気のパンですが、蒸しパンと同じく、ご自宅でも作ることができます。危ない工程はありませんので、是非一度子どもと一緒に作ってみて下さいね。

揚げる

揚げるといえば、揚げパンです。あんドーナッツやカレーパンが該当します。こちらの揚げパンも自宅で作ったり、一手間かけてオリジナル揚げパンを作ることも可能ですが、パン屋で売っているものが完成度が高いため、子どもと一緒にパン屋に行き、好きな物を選んでもらうことをオススメします。甘い物からおかずパンまで様々なパンがあるのが揚げパンの特徴です。おいしそうなパンがたくさんあって、迷ってしまうこと間違いなしですね。

いかがでしたか?子どもが喜ぶパンは、キャラパンのような見た目重視のものだけではなく、自分でなにかを作業したり、自分で選んだというパンは、積極的に食べることが分かりました。子どもとコミュニケーションを取りながら、どんなパンが好きなのか、見極めていくといいですね。

bnr

arrow