ワインに合うパン大集合!

Let’s パン Life!

ワインに合うパン大集合!2017.08.06

暑い夏、満天の星空の下、パンとお酒を楽しむのはいかがでしょうか?
今日はスタイリッシュに、「ワインに合うパン」の特集です!

クロワッサン×スパークリングワイン

引用元:Mercian

ワインに合わせて食べるなら、お洒落に「クロワッサン×スパークリングワイン」なんて、いかがでしょうか?サクッとしたクロワッサンの食感に、しゅわしゅわした炭酸の相性は最高です! 口の中がスッキリとして、夏の夜食にぴったり。特にシャンパン、カバといった、清涼感がありながらコクもある、熟成期間の長いお酒はオススメです。

メロンパン×スパークリングワイン

メロンパンがワインに合うなんて、意外ですね。
適温に冷やしたスパークリングワインに、メロンパンのスイートで厚めな皮、
あのサクサク感とよく合うそうです。また、スパークリングワインは泡が命ですので、おいしくいただくコツは「グラスを傾けて持ち、グラスの側面に雫を伝わせながら、グラスの7割くらいの高さまで、静かに注ぐのがポイント」ですよ。キリリと冷やしたスパークリングワインに、甘く優しい味のメロンパン。おいしそうですね!
他に、バターの香り豊かなブリオッシュ×スパークリングワインというコラボもオススメです。

白ワインと相性のいいパン

白ワインと相性のいいパンをご紹介しましょう!
「ブドウが入ったパン×白ワイン」です。白ワインの飲み頃温度は6〜12゚Cくらい。氷水などで冷やす場合は、冷やしすぎないように注意しましょう。そっとチーズをおつまみに添えて。ブドウが入ったパン、ナッツが入ったパンも一緒に。ホームパーティで味わうのもいいですね!
パンが残ったら、次の日の朝食でまた楽しみましょう。

赤ワインのベストパートナー

赤ワインとおいしく食べたいパンはズバリ、フルーツ系のパン。
長期熟成した複雑な味わいの赤ワインに、ベリー系、イチジク、オレンジピールなどのドライフルーツが練りこまれたパンは、おいしくてハマりそう。ワインとパンの長所を生かした味といえるでしょう。

ワイン×チーズ×パンの三重奏をあじわう

やはりワインにはフランスパン。
この取り合わせも最強のようです。
シンプルなフランスパン×チーズ×ワインで休日のお風呂上がり、お洒落にいただきたいですね。フランスパンをガーリックトーストにして、ワインで乾杯したら平日の疲れもとんでいきそうです。生ハム、サラミ、チーズ、はちみつ、ナッツ、ドライフルーツなどを数種類用意して、パンに乗せてもおいしそう!この夏はワインとパンを贅沢に、楽しんでみてはいかがでしょうか?

bnr

arrow