4世紀に誕生した!フレンチトースト
  1. 4世紀に誕生した!フレンチトースト

世界のパン図鑑

4世紀に誕生した!フレンチトースト2017.11.24

嫌いな人が少ないとまで言われるフレンチトースト。老舗ホテルや外食チェーンで提供されていますし、自宅でお手軽に作ることができるということでも人気です。最近ではインターネット上に「あの人気店のフレンチトーストレシピ公開」ということで、自宅でもプロの味が楽しむこともできます。そんなフレンチトーストですが、どのような歴史があるのでしょうか?

4世紀にフレンチトーストが存在していた!

フレンチトーストの歴史は、古代ローマ帝国まで遡ります。4世紀終わりから5世紀初めにかけて編集されていた「料理書アビキウス」の中で、「アリテル・ドゥルキア」という、パンを牛乳に浸して作る、「もう一つの甘い料理」として紹介されています。料理書アビキウスの中では鶏卵に浸すという行程には触れられていませんが、フレンチトーストの起源としては、4世紀とする説が有力視されています。思った以上に古くからフレンチトーストは存在していたのです。

その後のフレンチトースト

中世ヨーロッパでもフレンチトーストと似た調理法のパン料理が記されています。また、14世紀のドイツ、15世紀のイタリアでの料理書でもフレンチトーストについて書き記されています。「フレンチトースト」と名付けられたのは、1724年、ニューヨーク州オールバニの酒屋店主、ジョーゼフ・フレンチが命名されたといわれていますが、第一次世界大戦のアメリカ軍ではほぼ同様の製法のものが「ミルクトースト」と呼ばれていたこともあり、名付けの起源は不明とされています。

フランスでのフレンチトースト

上述したとおり、「フレンチトースト」とフランスは全く関係がありません。その名前を聞くと、フランスが起源なのではないかと思いがちですが、全く関係ありません。それどころか、フランスではフレンチトーストは好んで食べられていないとのこと。
そもそも、日本で食べられているフレンチトーストは海外では食べられていません。フレンチトーストという名前でもなく、似たような調理法であるものの、それぞれの国で様々な食べられ方がされています。つまり「フレンチトースト」と呼ばれるものは、近年では日本オリジナルの味と言っても過言ではないでしょう。

フレンチトーストの歴史、いかがでしたか?意外にも歴史があるということが分かり、フレンチトーストを食べたくなったのではないでしょうか?次の休日は是非フレンチトーストで素敵な休日をお過ごし下さいね。

bnr

arrow